AUDITION オーディション


カンパニーシステム

オーディションを受けよう!

プロカンパニーでは、一貫したシステムで、ダンスのプロフェッショナルを目指します。
カンパニーに入るには、年に2回のペースで開催されている入団オーディションを受験します。合格ポイントとしては、ジャズダンス・バレエ・新体操・体操などの経験があること。
中でも、当カンパニー系列のダンスセンターでダンスを習っていた方は、第2次実技審査の際に有利であるといえるでしょう。でも、たとえダンス経験が浅いからといって、諦めないでください。ダンス技術は、これから磨いていくものなのですから・・・。
誰よりもダンスが大好きで、ヤル気がある方、是非、勇気を持ってオーディションにトライしてください。夢への第一歩が始まります・・・

合格後は・・・

合格すると、個々のレベルに合わせて大きく3つのランク(研究生・準団員・団員)に分かれます。
研究生は、まず一番大切なダンスの基礎を学びます。年1〜2回の自主公演でアンサンブルダンサーとして出演し、徐々にステージ経験を積んでいきます。準団員になると、カンパニーの準メンバーとして、舞台やイベントなど多方面で活躍していきます(イベント出演料支給)。団員になると、公演のメインダンサーとして出演します。
その中でも、海外で活躍しているトップ集団を“MASASHI ACTION MACHINE(マサシ アクションマシーン)” といい、そのメンバーの1人として、海外ツアーや海外公演出演のチャンスがあります。
年に1〜2回の更新テストで、ランクアップのチャンス有り。もちろん、あなたの努力しだいでランクのジャンプアップ(飛び級)も可能です。

レッスンカリキュラム

カリキュラムは、定められたレッスンの中から自由に選択することができます。
レッスンはジャズダンス・バレエ・タンブリング・タップダンスがあり、その中で個々の目標に適したレッスンを受けます。
また、国際的に通用するプロダンサーを目指す、アクションマシーン候補生のためのレッスンが土曜日にあります。
共にレッスンは、平日夜間と週末に集中しているので、学校や会社に通いながら学ぶ事が可能です。
公演やイベント前には、週末(土・日・祝)に、振付け練習やリハーサルなどが入ります。
メンバー達は、大好きなダンスと正面から向き合い、真剣にレッスンに取組んでいます。

講師について

講師陣は、当カンパニー専属の一流の講師が直接指導します。
Jazz Dance World Congress世界大会(アメリカ)の国際振付コンクールで金賞を受賞し、ヨーロッパ主要都市を巡るロングツアーでは、作品の芸術性を欧州のマスコミ約55社に絶賛された芸術監督 振付家の坂本久美子先生や、世界に名高いプリンシパルダンサー兼 主宰の三代真史先生をはじめダンスのプロ達が、世界に通用する技術と秘法を丁寧に教えます。

What's your DREAM?

たとえば、「世界を舞台に活躍したい!」とか「テーマパークで夢を与えたい!」とか、「アーティストと共にバックアップダンサーとして共演したい!」などなど・・・その夢をサポートするために、様々な特典を含め、ダンスをする環境が整えられています。
ダンサー以外に、インストラクターとしての道もあります。「将来は大好きなダンスの楽しさを人々に伝えたい・・・」そんな願いをサポートするシステムも確立しています。
そう、夢を叶えるためには、それに向ってチャレンジしていくことがとても大切です。
そうすることによって、夢は目標に変わります。目標を高く持ち、それに向うプロセスを1つ1つおろそかにしないこと。
くやしい涙も、感動の涙も、みんなダンスが教えてくれます・・・。

カンパニーダンサー募集